連載
なんでも大家日記@世田谷

ちょっぴり高級感を出せるリノベアイデア5選【なんでも大家日記@世田谷】

前回は、せっかく高額な費用をかけたのに入居者が決まらない残念な物件の話をしました。

たいていの場合、そういう物件は旧い設備を新しい設備と入れ替えただけで満足してしまっているケースが多いのです。

がっかり

nana / PIXTA(ピクスタ)

個人的な経験からいえば、設備を入れ替えるくらいの大きな投資をするのであれば、あと少しだけディテールにも費用をかけるべきだと思います。

「あと少しだけ」というのがポイントです。

無垢材のフローリングや珪藻土の壁、タンクレスのトイレやハイグレードなキッチンは機能も見栄えも抜群ですが、その分費用もかなり高額になるので、おいそれとは導入できません。

うちの物件でもいくつか試してみたことがありますが、差額ほどはアピールできなかった印象があります。

今回は、今までうちのマンションで実際におこなってきたリノベーション工事のなかから、あまり費用をかけ過ぎずにできる「ちょっぴり高級感を出せるアイデア」を厳選してお届けしようと思います。

※ 【なんでも大家日記@世田谷】過去の記事を読む

 

1.「廻り縁」をリビングの天井に沿ってをつけることで高級感を演出

廻り縁

高級感:★★★☆☆
予算 :★★★☆☆

最近は、巾木などを省いてラフな雰囲気を出すリノベーションが主流ですが、あえてしっかりした装飾を施してみるのも差別化につながると思います。

巾木に加えて、天井部分に沿って廻り縁を入れることで、少し豪華な雰囲気が生まれます。

予算の話でいえば、うちで10畳のリビングに工事した際には「33,000円」でしたから、十分に検討の価値があると思います。

次に述べる壁紙と組み合わせると、より高級感が演出できます。

 

2.「柄物の壁紙」をうまく活用してモダンで上品な雰囲気を

柄物の壁紙

高級感:★★★★☆
予算 :★★☆☆☆

賃貸物件では壁紙はもっともオーソドックスなインテリア建材です。

ですが、使い方を工夫すれば新鮮な印象を与えることができます。

上に挙げたのは、白で塗装した壁を、床材に合わせた木目調の壁紙と床材でサンドした例。

こちらは薄いグレーのモダンな柄をアクセントクロスに使った例です。

もちろんポイントとなるのは壁紙の選び方。

たいていリフォーム会社が渡してくるサンプルカタログはベーシックで追加料金のない壁紙しか収録されていません。

しかし、少々の単価アップで選択肢はぐっと広がります。アクセントクロスなら予算も大差ありません。

ちなみに、先の廻り縁を設けた天井と組み合わせたのは、この壁紙。

一見すると白ですが、エンボス加工された模様が控えめながら高級感を感じさせます。

ちなみに、この壁紙に照明を合わせると……。

 

いかがでしょうか?

IKEAのリーズナブルな照明ですが、ちょっとホテルっぽいインテリアになりました。

安価な建材でもうまく合わせてあげると、意外に上品な雰囲気が出せるものです。

 

3.「ユニットバス」はディテール次第でイメージアップ

高級感:★★☆☆☆
予算 :★☆☆☆☆

ユニットバスが主流になってしまった現在、「広さ」以外、ほとんど差別化できる要素がないのがお風呂です。

しかし、同じ広さに同じグレードのユニットバスを導入する際にも、パーツをしっかり選んでグレードを上げてあげるだけで印象が変わります。

次の写真は、現在うちで導入しているもの(左)と、先代の経営者時代に入れたもの(右)との比較です。

ユニットバス

両者は予算的にたいして変わりません。

しかし、現在のものは「シャワーヘッドや蛇口、ホース部分を大きめのメタルメッキ製にしていること」「シャワーヘッドにスライドバーがついていること」「鏡の下にガラス製の小棚を設置していること」などの点が異なります。

細かいことばかりですが、しっかりこだわって選び、少々の追加出費をいとわなければ、何も考えていない場合にくらべて高級感が出せると思います。

 

4.「スイッチ」小さいけれど部屋の印象が大きく変わる

高級感:★★★☆☆
予算 :★★☆☆☆

以前、内見時に好評だったアイテムとしても紹介したスイッチは、インテリアの絶好のアクセントになります。

スイッチ

中でも、神保電機のNKシリーズやヨーロピアンスタイルのスイッチは、アメリカンなトグルスイッチにくらべると上品な印象が与えられます。

ヨーロピアンスタイルといえば、陶器製のスイッチも一度は導入してみたいと思っています。

スイッチ

こちらは、個性的なアイテムが集まるtoolboxのショールームで見つけたもの。

価格は6,000円強とふつうのスイッチにくらべてかなり高額ですが、一か所だけのピンポイントの導入ならそこまでの出費にはなりません。

木目調の壁紙などとあわせてあげれば、価格以上の効果を発揮してくれるはずです。

 

5.洗面にタイルを貼る(ただしDIY限定!)

高級感:★★★★★
予算 :★★☆☆☆
DIY難度:★★★★☆

高級感のある洗面といえば、やはりタイル張りの洗面でしょう。

しかし、業者に依頼すれば目が飛び出るような見積もりが出てくるのがツライところ。

もしあなたがDIY好きなら、自分でタイルを貼ってみてはどうでしょうか。

洗面

これはアサクラが自分で工事した洗面の例。

一体型の洗面が故障して取り替えることになった際、思い切って挑戦してみました。

カウンターの下地の造作や洗面ボウルの設置は業者さんに頼みましたが、残りはDIYで施工。

かかった費用は設置工事費なども込みで合計10万円ほどでした。素人なりにきれいにできたと満足しています。

施工方法についてはまたの機会に譲りますが、自分でやれば実費のみでホテルのようなおしゃれな空間を手に入れることができます。

洗面

ただし、洗面まるごとにDIYでタイルを貼るのはそれなりに大変。

以前お話ししたような簡単なタイル貼りを一度経験してから挑戦することをおすすめします。

「タイル貼りなんてとてもできない」という方は、タイル風の壁紙はいかがでしょうか?

洗面

ちょっと見えにくいかもしれませんが、洗面の背面部の壁に六角形の模様の壁紙を貼りました。

これだけでもだいぶ雰囲気が変わります。

壁紙

洗面なら、他にもこんな柄の壁紙を使ったこともあります。

模様が立体的に表現されており、安っぽさを感じさせません。

さすがに質感や清潔感ではタイルに劣りますが、思いのほか違和感のない見た目に仕上がります。

壁紙

いかがでしたか?

「少しでも高い家賃で貸したい」というのは、すべての大家さんに共通する願いでしょう。

紹介したアイデアが少しでもみなさんの賃貸物件の価値を上げるお役に立てれば、と思います。

※ 【なんでも大家日記@世田谷】過去の記事を読む