家族4人分の「非常食」に年間12,500円は高い?安い?【トノエル防災研究室】

長女(5歳)と長男(3歳)の子育てを、平日はほぼワンオペで行っている整理収納アドバイザーのトノエルです。

この連載では、防災の専門家ではない主婦が、家族を守るために考えた、もしもの備えをご紹介します。

この備えを構築したのは2年前。子どもが成長し、引越しをした現在も、年に2回見直ししているので、その状況も合わせてご紹介していきます。

前回は、食糧備蓄法「ローリングストック」をあきらめた筆者がたどりついた、非常食の備蓄法をご紹介しました。

今回は、この非常食の備蓄にかかる費用と、賞味期限について考えてみます。

あなたのお家の、非常時の備えはどうされていますか?

もしものときのために備えておかないといけないとは思いつつ、まだ何もできていないという方に、こんな一例もあるよと参考にしてもらえるとうれしいです。

非常食

 

在宅避難のときの非常食、こんなふうに備蓄しています。

筆者の家では、非常時の食事はこんなふうに用意することにしています。

【被災1~2日目】

冷蔵庫

キッチン

冷蔵庫やキッチンの食品庫に入っている普段使いの食品を食べる。

 

【被災3〜7日目】

収納用品

収納ケース

この引出しに入れている食品を一段ずつ食べる。

 

非常食のメニューはこんな感じです。

【朝】

非常食・朝

  • パン 2個
  • ソイジョイクリスピー 1本
  • 野菜ジュース 4本

 

【昼】

非常食・昼

  • 白米(α米)3袋
  • 大人用レトルトカレー 2袋
  • 子ども用レトルトハヤシ 1袋

 

【夜】

非常食・夜

  • 味付けごはん(α米)2袋
  • スープ麺 2個

 

【おやつ】

非常食・おやつ

  • 小袋菓子 5袋
  • ゼリー 4個

 

非常食の1年あたりの費用は12,500円

非常食リスト

上の写真の一覧表は、わが家の非常食のメニューと、だいたいの賞味期限と、だいたいの単価などをまとめたモノです。

大人2人、子ども2人、5日分の非常食を買い集めるのに必要だったお金は、総額17,000円ほど。

賞味期限は半年くらい〜5年くらいとさまざまなので、1年あたりの費用は12,500円ほどになります。

家族4人で1日分は2,500円ほど。

これを高いとみるか、安いとみるかは、価値観のわかれるところでしょうが。

筆者自身は、そんなに高くないなと考えています。

災害時は、配給の列に1時間半並んで、おにぎり2個だった……などという話を聞くと。

そのとき、1日分の食料を売ってくれるんなら、1万円でも買う!ってなりそうだなと。

そう、お金で解決できることなら、しておきたいなと考えた次第です。

 

食べるかどうかわからない非常食に年間12,500円…高いですか?

電卓

α米などの、いかにもな非常食。

わが家では一応、家族で試食して「これならおいしく食べられるね!」と確認してから大量に購入しました。

それでも5年後、賞味期限が切れる前に、全部、平常時に食べきれる?って思いますよね。

2年前、この備蓄法をインスタグラムに投稿したとき、フォロワーからこのようなコメントをいただきました。

「賞味期限が切れるタイミングで食べるのか食べないのか‥‥そんなことを考えてたらα米などの非常食を準備できてないんです」

わかります! そうですよね!!

でも、そう思っていたら筆者は何も動き出せなかったので、考えかたを変えてみることにしました。

 

わが家の非常食にかかる費用は年間12,500円ほど。

これをもう、掛け捨ての保険でもかけたつもりになってみることにしました。

大切なのは、もしものときに家族の命や健康を守ること。それと、日ごろの安心。

それが、年間12,500円で非常食を備えることで得られるのなら、いいじゃないかと。

だから、もしも食べずに捨てることになったとしても、気にしない!!

 

年2回、防災用品の見直しの日を設け、非常食の賞味期限もチェック!

非常持出袋

保険代わりに! 食べずに捨てることになっても気にしない!と言っていても。

自宅避難に備えて、せっかく買い集めた非常食。

非常時に賞味期限が切れてる、ってことは避けたいですよね。

そこで、筆者は年に2回、3月11日と9月11日を防災用品の見直しの日に定めています。

このときに非常用持出袋の中身の確認だけでなく、非常食も、半年後までに賞味期限が切れるものは、買い直して入れ替えることにします。

非常食

そこで取り出した賞味期限が近づいている食品は、キッチンの普段使いの食品庫に。

毎回入れ替えるモノはお菓子やジュース、スープ麺などなので、さながらおやつパーティーと化すときもあります。

なるべく、賞味期限内に食べて、無駄にならないようにしたいですよね。

 

いかがでしたか?

今回は、この非常食の備蓄にかかる費用と、賞味期限について考えてみました。

次回は、水道・ガス・電気がストップする災害時に役立つ調理法「パッククッキング」をご紹介します。

丁寧な暮らしに憧れがあっても。まず大切なのは、家族と自分の命。

日々の暮らしと、防災、どちらかに偏ることなく、ほどよいバランスを見つけていきたいですね。

このシリーズが、あなたの家のもしもの備えについて考えるきっかけや、ヒントにしてもらえるとうれしいです。

「丁寧っぽい暮らし」をめざす、トノエルでした。


これまでの記事をよむ 「トノエル防災研究室」

・序章 「もしもの備え、一緒に考えてみませんか?」
・CASE1:超緊急避難 「3つに分けた「もしも」の場面とは?」
・CASE1:超緊急避難 「マンション火災、土砂崩れ…。「超緊急避難」ってなに?」
・CASE1:超緊急避難 超緊急避難のときに持つ「非常持出し袋」に入れるモノとは?
・CASE1:超緊急避難 いつものバッグ」に入れている「こどもポーチ」と「おでかけポーチ」って?
・CASE1:超緊急避難 「いつものバッグ」の置き場所は普段も緊急時も同じ」
・CASE2:緊急避難 「「緊急避難」=非常時の対策って考えてますか?」
・CASE2:緊急避難 「非常持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その1」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋を車にも置くべき理由って?」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋には「リュック」が一番!な理由」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その2」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その3」
・CASE2:緊急避難 「非常用持出袋の中身、32アイテム全部見せます!・その4」
・CASE2:緊急避難 「「布ガムテープ」「トイレットペーパー」をコンパクトにする方法」
・CASE3:在宅避難 「災害時に「在宅避難」する場合に必要なことって?」
・CASE3:在宅避難 「政府推奨の「ローリングストック」よりも凄い食糧備蓄法」
・CASE3:在宅避難 「「非常食」は朝・昼・夜で別メニューしたほうがいい理由」