住まいの設計

築80年の実家をリノベ。古材を生かして、快適な二世帯に【住まいの設計】

築80年の木造2階建てを二世帯住宅にリノベーションした石渡・中村邸。

古い材を所々で生かしながら、家族5人が快適に暮らせるよう、驚きのアイデアがちりばめられています。

改装したのは、かつて宮大工が手がけたという妻の実家。リノベーション費用は1265万円でした。

1階は父と母の個室のほか、水回りとみんなが集えるリビングダイニングを配置。

2階は娘夫婦とその長男のプライベートスペース、という間取りです。

 

南向きの縁側と日当たりのいいダイニングに家族全員が集う

リノベーションを依頼されたショセット建築設計室の山川紋さん。

古材を生かして、快適な二世帯

1階北東にあったダイニングキッチンを、家の中で一番日当たりがよく、縁側がある南側に移動するプランを提案しました。

縁側や建具など、以前の家の雰囲気を残しながらも、シンプルでモダンなテイストでまとめられたLDKは、家族全員が集まる場所です。

古材を生かして、快適な二世帯

床に座るタイプの低いダイニングテーブルは掘りごたつ式。脚を外して天板で蓋をすれば、フラットになる優れものです。

大きな開口部が南を向いているため、明るく暖かいリビングとなりました。

古材を生かして、快適な二世帯

今回、予算の都合で外壁や庭には手を加えませんでした。一見すると昔ながらの普通のお宅ですね。

古材を生かして、快適な二世帯

玄関脇にあったトイレを別の場所に移動したことで、広くなった玄関。神棚も設置しました。

右手奥には階段とその先に洗面室・浴室があるため、視線を遮れるようロールスクリーンを設置しています。

 

古材を上手に活用して、雰囲気のある「和モダン」な空間に!

「宮大工が手がけた家ということで、とても立派なつくりだった」と山川さん。

大きな柱や建具など、古い材の良さを生かしているのも今回のリノベの特徴です。

古材を生かして、快適な二世帯

こちらの写真は、リビングから玄関方向を見たところ。

葦簀(よしず)を再利用してつくった建具の奥は、収納スペースです。

葦簀が風を通すので、収納の中に湿気がこもらず快適。左手の扉の中には仏壇が収められています。

古材を生かして、快適な二世帯

リビングと縁側を仕切る建具や欄間は既存を利用。

知り合いの建具屋さんに洗ってもらい、障子を貼り替えたらすっかりきれいになりました。

古材を生かして、快適な二世帯

キッチン横の柱につぎはぎのような跡が見えるのも、古材を再利用した証です。

柱をそのまま残して、梁を補強することにしたため、柱にいくつか穴ができてしまいました。

その穴に埋め木を施してあるのです。年月を経た柱のあめ色がいい雰囲気ですね。

ちなみに、座って過ごすことの多い家族のため、床を中心に断熱材を入れたり、北側の窓は2重サッシにしたりと、温熱環境もしっかりと整えました。

 

刷新された水回りと、父母がそれぞれのんびり過ごせる個室

古材を生かして、快適な二世帯

構造上の問題で位置は変えられなかった洗面室とバスルームは、設備を一新して快適に。

古材を生かして、快適な二世帯

そのすぐ横に階段があるので、「遅く帰ったときでも家人に迷惑をかけずにお風呂に入れます」と夫は言います。

古材を生かして、快適な二世帯

母と娘がふたりで立てるようにと要望してできたオリジナルキッチン。

キッチンの裏に部屋がある父がトイレに行くときの動線にもなるため、通路を広めに取ってあります。

古材を生かして、快適な二世帯

キッチンカウンターや吊り戸棚も造作しました。カウンターのリビング側には棚を設けて食器などを収納しています。

古材を生かして、快適な二世帯

1階の北側には父と母の個室を配置。着物のリメイクが趣味、という母の部屋には作業台を、北向きの父の部屋には大きなWICと小窓を設けました。

古材を生かして、快適な二世帯

階段が親世帯と子世帯の生活の場を分けている石渡・中村邸。

階段の途中にある小さな収納が、いかにも昔ながらの家、という雰囲気です。

 

2階は10坪に3人が暮らすためのアイデアが満載!

古材を生かして、快適な二世帯

2階は中村さん親子3人が暮らすプライベートスペース。

10坪(33平米)の広さしかなく、小さくてもキッチンやトイレ、子ども室もほしい、との要望だったため、山川さんは様々な工夫を凝らしました。

古材を生かして、快適な二世帯

階段を上るとそこは、親子3人のミニLDK。コンパクトなキッチンがあり、造作したダイニングテーブルは何と壁に収納できる折りたたみ式です。

古材を生かして、快適な二世帯

キッチン側からLDKを見るとこんな感じ。右手が夫婦の寝室、左手が子ども室となっています。

引き戸で仕切っているので、開け放てば大きなワンルームに。奥には音楽鑑賞が趣味の妻のために、レコードが楽しめるスペースが設けられています。

右手前にダイニングテーブルが折りたたんであるのも見えますね。

古材を生かして、快適な二世帯

寝室は空間を広く使えるよう畳敷きに。奥にはWICがあり、キッチン側に通り抜けできるようになっています。

古材を生かして、快適な二世帯

引き戸を開ければリビングの延長のように使え、寝転がってのんびりできるので「畳にしてよかった」と妻。

古材を生かして、快適な二世帯

ミニキッチンにはエレクトロラックス社の2口IH調理器を採用しました。

窓に面しているので明るく、コンパクトながら心地よい空間となっています。

古材を生かして、快適な二世帯

階段横にあったトイレは位置をそのままに設備を一新しました。

古材を生かして、快適な二世帯

リビングには、折りたたまれたテーブルが(写真右手)。

収納式にしたことで、使わないときは広々と使うことができるのがわかります。古材を生かして、快適な二世帯

たくさんの作品が置いてあるのは、工作が大好きな長男の部屋。

「いっそみんなで一緒に住んだらいいんじゃない?」という夫のひと言から始まった、二世帯住宅へのリノベーション。

すぐそばに家族の気配を感じながら、3世代が仲よく暮らす家に生まれ変わりました。

設計/ショセット建築設計室(山川紋、伊藤康行)

撮影 飯貝拓司

住まいの設計2017年7・8月号