格安引越しは「相見積もり」「訪問見積もり」の同時進行がカギ!

2018年度も9月で半年。仕事の関係でこのタイミングで引っ越す人もいるようです。

また、8月は引越し業者が多忙なので、あえてこの時期にずらして引っ越す人も多いとか。

引越しで一番頭を悩ませるのが、予算がかかることですね。

以前に、引越しで植物の運搬などについてご紹介しましたが、今回は見積もりと値段を押さえるためのポイントをご紹介します。

引越しは必ず「相見積もり」を取りましょう!

これは、割とよく知られているとは思いますが、引越しは業者によって値段が結構違ったりします。

そして、競争相手がいないと、値引きは少額にとどまってしまいます。

必ず数社から相見積もりを取って、見比べてみましょう。

見積書

nara / PIXTA(ピクスタ)

さらに、他の業者からも見積もりを取っていることを、業者に知らせることが大切です。

他社からも見積もりを取っていることを知ると、値引きが大きくなったりします。

 

「見積もり一括サイト」を利用するのが早くて便利

見積もりを数社からといっても、どこを選んだら良いか、何社に連絡したら良いか、迷いますよね。

また、インターネットで行うにしても何件も入力するのは面倒ですし、電話もそこそこ手間です。

そこで、「見積もり一括サイト」を利用するのが便利です。

パソコンを見る主婦

tabiphoto / PIXTA(ピクスタ)

いくつかサイトがあり、それぞれが少しずつ違うのですが、だいたい3〜7社に一括で送ってくれます。

また、家具や家電などの割引や、引越しに伴うエアコン着脱業者や引越しし時に出るゴミなどの処分業者の紹介など、いろいろなお役立ち情報を合わせて教えてくれます。

そして、引越しの各業者さんたちは、こちらが見積もり一括サイトで見積をしたことが明らかになっているので、しっかりと交渉に応じてくれます。

お引越しを検討されている方は、ぜひ、一括見積もりサイトを利用してみてください。

 

最大のポイントは「見積もりは全社同時に」が交渉の秘訣!

さて、見積もり一括サイトから見積依頼をすると、実際に見積もりに来るための予約の電話もかかってくるようになります。

その際、なるべく条件よく交渉するための秘訣は……、「見積もりはすべての業者さんを同時に!」です。

業者

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

同じ日に一度にやったことはある~という人もおられると思いますが、それではまだダメです。

同じ時間帯に、すべての業者さんが顔を合わせるように来てもらうのです。

理想は30分~1時間のタイムスパンで組むことです。なぜなら、見積のために家を見て回り、そして見積もりを作成する時間を作るためです。

スケジュール

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

つまり、最初の1社が来て見て回り、見積もりを作成している間に次の業者が来て見て回り、その業者が見終わった頃には1社目の見積もりほぼでき上がっていて、交渉に入ります。

それを後からの業者さんも聞いているので、1社目の業者さんも2社目の業者さんも、最初から結構がんばらないといけない状況になります。

またそれを聞いた後くらいに3社目も来られると、すべての業者さんが顔を合わせ、それぞれががんばらなくては!という状況になります。

営業交渉

saki / PIXTA(ピクスタ)

これは相見積もりだけよりも、よほど効果があります。

営業さんは、他の業者とも交渉していることを知っていますので、なるべくその場で仕事を取っていこうとします。

同じ場に営業さんがいると、お互いのだいたいの金額もほぼわかりますので、その最低金額からさらに交渉ということになりがちです。

ちなみに、私はこの方法で、最初に提示された正規価格(もしくは少し盛った価格)から1/3近くまで下がりました

見積もり

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

ところで、「訪問見積の同時進行はマナー違反」とする意見もありますが、私はこれを実行する際、業者にOKをもらっています。

私の場合は、「バッティングしてしまうので」とその時間をお断りしようとしたら、業者の方が「一緒にされたいというお客様もいらっしゃいますので、お客様さえよろしければこちらは構いません」と言われ、むしろ業者から同時進行を勧められました。

実際来られた際、各社の営業さんはお互い顔見知りのようで、挨拶されていましたので、同時進行はよくあることであり、業者側もそれをダメとは考えておられないようです。

ただ、あくまでも顔を合わせるのはご自身ですから、同時進行しても大丈夫かな?と思われたら、電話で日程を予約する時にその旨を確認してみてください。

 

見積もり内容もよくチェックしましょう

見積もりは単に金額だけではなく、何にいくらかかるのか、詳細が書いてあります。

そこには、結構見逃しては行けない情報も書いてありますので、必ず内容をその場でチェックしましょう。

見積書

Photo AC

たとえば、私は車で15分の距離、10キロ以内なのに、2日に分けて作業すると書かれている業者がありました。

そうすると、ベッドもお布団もないので、一晩ホテルに泊まるなどしなければならなくなったりします。

ビジネスホテル

ばりろく / PIXTA(ピクスタ)

何人で作業するのか、どれくらいの大きさのトラックを使うのかなども書いてありますので、それで引越し作業を行う時の概要がわかります。

また、これは確認されるとは思いますが、洗濯機やエアコンの設置などは別料金になっていたり、搬入の状況(例えばベランダから釣り上げなど)により当日請求の可能性があることなどがちらっと書かれていたりすることもあります。

エアコン取り外し

NOV / PIXTA(ピクスタ)

安く上げるつもりが、別途料金かかったりホテル代がかかったりして、結局、高くついたなんてことにならないように、見積内容はすぐによくチェックしてくださいね。

引越し

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

いかがでしたか?

引越し難民にならないように、あるいは交渉に失敗しないように、インターネットを駆使してより良い引越しをしてください!