永井 理恵子

フリーランスライター(ときどき、カメラマン)。“家”に興味を持ったのは、何度も京都を旅していた2000年に、書店でジャケ買いした麻生圭子さん著「東京育ちの京町家暮らし(文藝春秋)」を読んだことがきっかけ。15年暮らした東京から生まれ育った静岡県御殿場市に帰郷&定住してから、住宅を取材する機会に多く恵まれるように。建材、素材、間取り、空間構成……どれをとっても奥が深く知れば知るほど面白い住宅の世界に、すっかり夢中です。