暮らしのコツ

大田単大田単

秋にぴったりの「寄せ植え」を玄関に。4苗だけ、予算1000円以内でこんなにはなやか

秋を連想させる赤色やオレンジ色の草花を使った、玄関の寄せ植え

夏の草花が終わり、庭がさびしい雰囲気になる季節。そこで、秋を連想させる、赤色やオレンジ色の草花を使った寄せ植えで、玄関をはなやかにしてみませんか。

使うのは4苗だけ。費用は1000円以内でできる、初心者でも簡単な寄せ植えです。ガーデンデザインの本や雑誌を執筆し、みずからも庭づくりを楽しんでいる、二級建築士の大田単さんが教えてくれました。

ポイントは色合わせ。オレンジや赤系の色でそろえて秋の雰囲気に

秋を感じさせる色は、紅葉を連想する赤や黄色、茶色。色を合わせれば、1000円以内(鉢や土を除く)でも、見ごたえのある寄せ植えがつくれます。花だけでなく、実ものを取り入れると、さらに秋らしい印象に。

1000円以内でつくれる寄せ植え

玄関ドアの前に飾った秋のアレンジ。オレンジや赤の小さな実がとてもかわいいです。9月~11月頃まで鑑賞できるように草花を組み合わせました。テーマカラーは、オレンジに決めて、似た色の草花を選んでいます。

ゴシキトウガラシとタマサンゴの苗

秋といえば実りの季節。実ものを入れるのがおすすめです。右がゴシキトウガラシといって観賞用の唐辛子です。白→オレンジ→赤と色づく過程が楽しめます。左は、タマサンゴといいます。小さな柿のような実が成ります。いずれも、150円ほどでした。

9~11月初旬まで花が咲くジニア

9~11月初旬まで花が咲くジニア。寒くなるにつれ、花の咲く草花が減り、庭がさびしい印象になりがちなので、次々に咲くジニアを加えました。こちらの苗は、赤・黄色・オレンジの寄せ植えタイプで300円ほどです。

10~11月は紅葉して真っ赤になるコキア

コキアは、夏から秋にかけて長く楽しめる植物です。夏の間は明るい緑色ですが、10~11月は紅葉して真っ赤になり、とてもきれいです。秋のアレンジにぴったり。価格は100円ほどです。

今回の寄せ植えでは、上記の4種類の苗を1つずつ購入し、トータルで700円ほどでした。

初心者でもできる基本的な植え方。土の量や植え込み方を紹介

はじめての寄せ植えでも失敗しない、基本的な植え方を紹介します。直径27㎝の9号鉢なら、苗は3~4苗で十分です。

寄せ植えに用意するもの

準備する材料

  • 花の苗
  • 鉢底ネット
  • 培養土
  • 赤玉土
  • スコップやジョウロなどの道具

鉢の底にネットを置き、赤玉土を敷く

穴の上に鉢底ネットを置き、水はけをよくするため、赤玉土を敷きます。赤玉土は、大粒タイプを選んでください。

土は最初から肥料が入っているものがおすすめ

土は、7.3Lほど必要になります。最初から肥料が入っているものがおすすめです。持ち運びしやすい軽量タイプもあります。

まずは、ポットに入れたまま仮置き

まずは、ポットに入れたまま仮置きします。奥に草丈の高いコキアを入れ、手前に花や実ものを配置します。

苗は基本、根鉢の下をやさしくもむようにして崩す

ポットから苗を取り出すと、根鉢といってポットの形に土がかたまり、中に根が伸びています。根鉢の下をやさしくもむようにして崩してください。

苗の周りは少しゆとりをもたせる

苗の周りは少しゆとりをもたせて、成長したときにぎゅうぎゅうにならないようにしておきます。

完成した寄せ植えを上から見たところ

はなやかな寄せ植えが完成。上から眺めてもきれいです。

ハロウィンの時期は、雑貨をディスプレイするのも楽しい

10月のハロウィンは、雑貨をディスプレイするのも楽しいです。こちらは、100円のかぼちゃランタンです。

まだまだある!秋の雰囲気を演出してくれるおすすめ植物

今回、筆者宅で使った以外にも、秋を感じさせる草花はたくさんあります。そのなかから、フラワーショップやホームセンターで手に入る、おすすめの草花を紹介します。

清楚な紫色の花が10月頃まで楽しめるリンドウ

もともとは日本の野山に咲いていたリンドウ。清楚な紫色の花が10月頃まで楽しめます。

小さな穂がキャンドルみたいでかわいい、カラフルケイトウ

カラフルケイトウ。小さな穂がキャンドルみたいでかわいいです。赤と黄色があります。

葉を鑑賞するカラーリーフ

葉を鑑賞するカラーリーフと呼ばれる葉の色が美しい植物もあります。たとえば、夏から秋にかけて楽しめるコリウスは、赤い色が美しく、さまざまな模様があり、寄せ植えに向いています。

初心者でも簡単にできて、1鉢1000円以内でつくれる寄せ植えで、玄関を秋色に彩ってみませんか。

●教えてくれた人/大田 単さん
二級建築士。設計事務所に勤務しながら、インテリア、ガーデンデザインなど、住まい関係の編集者、ライターとしても活躍中