家事

beachmamabeachmama

風呂の排水口掃除がラクになる習慣4つ。バケツたっぷりのお湯を流してみて

排水口をシャワーで洗い流す

お風呂の中でも、とくに嫌がられる掃除場所といえば排水口ではないでしょうか。いろいろな汚れが流れていく場所なので、きちんと掃除しなければあっという間に汚れます。そのまま汚れを放置すると、スムーズに排水しなくなったり、においやカビの原因になったりも。

以前は排水口の掃除が苦手だったという日刊住まいライターは、簡単な掃除を習慣づけることで、いつもきれいな状態をキープできるようになったといいます。4つの簡単な掃除習慣について語ります。

1.排水口にたまった髪の毛を毎日捨てることからスタート

掃除をしてきれいになった排水口

以前は排水口掃除が嫌いで、汚れや髪の毛を数日放置してしまうこともしばしば。詰まりそうな状態になってからやっと真っ黒な状態の排水口掃除に手をつけていました。もちろん放置したままの排水口はベトベトしたヌメリとカビでひどい状態です。ますます掃除するのが嫌いになりますよね。

そんな汚れた状態の排水口掃除が嫌いで仕方なかったのですが、結局いつかは掃除しなければなりません。ひどい汚れを掃除するより、短時間で落ちるような軽い汚れを掃除するほうが気分的にもラクになると気づき、毎日の入浴後に排水口掃除をすることにしました。

習慣化することが大事なので、最初はとてもシンプルなことから始めました。排水口にたまった髪の毛を捨てることです。汚れをためこんでいたときは、排水口のフタを取らずにたまった髪の毛もそのまま。それでは、汚れに気づかず忘れてしまいます。

毎日髪の毛を捨てることで、自然とたまった汚れを目にするようになります。ついでに軽い汚れも落としておこうという気持ちになり、結果としてきれいな状態を維持できるようになりました。最初のうちは排水口のフタを外して、排水口を露出させていたのも習慣化につながったポイントかもしれません。

2.お風呂から出る前に排水口全体を軽く洗う

お風呂から出る前に排水口全体を軽く洗う

次に習慣にしたのは、お風呂から出る前に排水口全体を軽く洗うこと。入浴が終わって脱衣所に行く前に、排水口のヘアキャッチャーにたまっている髪の毛を捨てます。そのときに排水口に残った汚れをシャワーで軽く洗い流します。

特に排水口のフタの裏は、石けんカスなどで汚れやビが発生しやすいので、汚れをしっかり洗い流し、封水筒が汚れているようであればついでに汚れを落とします。この作業をしておくだけで、ヌメリやカビが発生しにくい清潔な排水口をキープできます。

3.定期的にバケツたっぷりのお湯を流す

排水口にバケツたっぷりのお湯を流す

排水口は、においが上がってこないように常に水がたまっているので、底のほうに汚れやゴミが残っていることがあります。この汚れを放置するとヌメリやにおいの原因にもなり、見た目もよくないので、汚れた水を定期的にきれいにしています。やり方はとっても簡単。バケツなどに水をためて勢いよく排水口に流すだけ。すっきりときれいな状態に戻すことができます。

わが家では掃除のためにバケツを出したときに、ついでにやることが多いです。片づける前にバケツにたっぷりのお湯をためます。あとは排水口めがけて勢いよく流していくだけです。

封水筒が透明な状態の水に戻った排水口

透明な状態の水に戻ると気持ちがいいです。

4.オキシクリーンを使って触らず掃除

髪の毛を捨てるときに排水口のにおいが少し気になるときがあります。排水口はどうしても嫌なにおいがしやすいので、においが気になったタイミングでオキシクリーンを使って簡単なほったらかし掃除をしています。

オキシクリーンを計量

バケツなどにオキシクリーンをキャップ1杯入れます。40~60℃のお湯でしっかりとオキシクリーンを溶かします。

溶かしたオキシクリーンを排水口に流す

あとは溶かしたオキシクリーンを排水口に流すだけです。このとき、浴槽側の排水部分にも流すようにしています。浴槽の排水栓まわりも気づかないうちに汚れているので、一緒にきれいにできます。30分から1時間ほど時間をおいたらしっかりと洗い流せば完了。放置するだけの簡単掃除ですが、軽い汚れやにおいはこれで流すことができます。

お風呂のヌメリやカビはそのままにしておくとあっという間に汚れがひどくなります。簡単な掃除を習慣化すれば、嫌な排水口掃除がラクになりますよ。